日本の未来を支える「医療」「防災」「美食」を見る、学ぶ、感じる2泊3日の旅

代表理事からのメッセージ

代表理事 山田百合子

2015年「夢のかけ橋プロジェクト」 夏の体験ツアー『日本の未来を考える「医療」「防災」「美食」を見る、学ぶ、感じる2泊3日の旅』も無事終了しました。

 

初日の「医療」体験では、普段なかなか目にすることのない病院の手術室や、管理栄養士、理学療法士、臨床工学技士の仕事に触れることができました。心臓マッサージやAEDの使い方の講習によって、自分にも他人の命を救うことができるんだと、子供たちの瞳は、きらきらと輝いていました。
薬剤師か医師か迷っていたけれど、医師になると決めた子、看護師、管理栄養士になりたい、と日記に綴った子もいます。

 

2日目の「美食」体験では、フランス料理界の巨星と呼ばれたグラン・シェフ、アラン・シャペル氏のもとで修業したシェフ音羽和紀氏と一緒に選んだ栃木産の食材を使い、音羽氏の指導のもと試行錯誤しながら、友達みんなで作った初めてのフランス料理の味は、きっと忘れないことでしょう。

 

3日目は、栃木県防災館で暴風や豪雨を体感し、火事の時の視界はどんなものか、震度7はどれくらい揺れるのか、模擬災害の体験をすることができました。そして防災に関するお話を聞くことで、もしもの時の防災知識を学びました。

 

22年前、世界初のハイビジョンによる心臓外科と内科をつないだ生中継をプロデュースさせていただいた折、手術に立ち会われた心臓血管外科医 市原哲也先生との20年ぶりの再会がきっかけとなり、「おおたかの森病院」の松倉院長先生をはじめとした病院スタッフの皆様のご協力で、「医療」体験が実現しました。

 

宇都宮を中心に食育に力を入れている音羽シェフとは、元ワイワイカンパニーの川嶋さんの紹介でご縁をいただくことができました。

 

こうして出会った方々との縁がつながって、素晴らしい体験ツアーの1ページとなりました。

 

ひとつの出会いが次の出会いにつながり、そして夢につながっていく。
素敵なことですね。いつか子供たちも分かってくれる日が来ることでしょう。

 

今回の参加者10名を加え、夢かけファミリーは146名になりました。

 

最後に、「おおたかの森病院」の松倉院長先生、音羽和紀シェフ、「ろまんちっく村」、「栃木県防災館」の皆様方、寄付や、山のように抱えきれないプレゼントにご協力してくださった全ての皆様、そして夢かけを継続してご支援くださっている『夢かけおじさん』に、心から感謝を申し上げます。

 

  「子供達の夢を応援すること=私達、大人も夢を見る」

 

「NPO法人 夢のかけ橋プロジェクト」
企画・エグゼクティブプロデューサー
代表理事 山田百合子
ぺーじTOPに戻る
copyright 2010 Y2/YY Company