夏の体験ツアーin鹿児島

イベントレポート8月2日(火)知覧茶園~知覧観光

【歴史】 仁田尾の知覧茶園

2011年の夢かけおじさん、仁田尾和人さんの茶園へお茶摘み体験に行きました。
静岡の段々畑と違って、知覧の茶園は一面が広いのでトラクターで摘めるんだって!

photo
「おはようございま~す、宜しくお願いします!」
お茶ってどうやってできるのかな?毎日飲んでいるけど考えたことなかったね
photo
広大な茶畑で説明を聞きます!知覧はお茶の生産が日本で第2位?知らなかった!
photo
なんと元F1レーサーの右京さんが
トラクターの運転にチャレンジ!
photo
子供たちだって負けていません!
「怖いけどおもしろーい!」
ディレクター眞理さんもしっかりカメラでおさえます
photo
摘み取った葉はそのままトラックに積んで加工場へ!
生のお茶の葉はそのままだと苦かったぁ~(泣)
でも天ぷらにしたりすると美味しいんだそうです。
photo
photo
工場に入ったらお茶の香りで頭がスッキリ!
お茶ってすごい!
photo
ほんのり甘いお茶の香りが漂います♪
photo
「あれ、なんですか?」好奇心旺盛!いいですね~♪
将来はお茶博士??
photo
気がついたらいつも右京さんが後ろを押してくれています。 何をやるにしても一番最初に動く姿勢はさすがです。 だからF1レーサーまで上り詰めることが出来たんですね、納得!右京さん!
photo

右京さんを見習って鈴木君も後ろを押してくれました 鈴木君ありがとう♪

photo
わぁ~これが仁田尾さん自慢のお茶ですね!
photo
仁田尾さん、社員の皆さん、ありがとうございました!
photo
皆にお茶のプレゼントまでいただきました! 美味しさは間違いなし!

【歴史】 知覧特攻平和会館

爆弾搭載の飛行機もろとも敵艦に体当たり攻撃をした、陸軍特別攻撃隊員の資料の見学や、 沖縄戦についてのお話しを聞くことが出来ました。

photo
日本の悲しい歴史を、皆は熱心に聞いていました。
photo
貴重な遺書や遺品の展示・・・いつの時代も、
最後は家族への手紙なんですね。
photo
あなたたちと変わらない、若い命の犠牲によって、今の日本があるという事実を、しっかりと心に刻んでおきたいですね。
photo
右に見える飛行機「飛燕」は、当時日本の新鋭機だった飛行機で、
現在は日本にただ一機現存する貴重なものだそうです。

【歴史】 知覧武家屋敷

今から230年~250年前の江戸時代に作られた別名「薩摩の小京都」とも言われる美しい武家町を見学。あわせて七つの庭園が点在し、その庭園と屋敷を独特の意匠をした生垣がぐるりと囲んでいます。歩いているだけで気分はまさにタイムスリップしたみたいです。

photo
珍しいかやぶき屋根
photo
山を見ながら前に進むと、山が逃げていくように見える!昔の人は凄い!SFの世界みたいだね。
photo
知覧型二ツ家という知覧独特の建築様式の民家だそうです。
photo
敵が攻めにくく、守りやすい構造?細い通路や高い生垣だって意味があったんだ!
photo
風情あふれる庭園!本当に京都みたい!
photo
「古風な自動販売機発見!」思わず激写!
photo
道が鋭角に曲がる作りで迷子になるぅ~!
photo
お昼はお蕎麦屋さん「いい匂い~❤」
photo
天ぷらとお蕎麦でボリューム満点!
photo
美味しそう!「いただきま~す♪」
photo
どこから食べようかな?
photo
男の子たちはひたすら食べるだけ!
photo
やっぱりお蕎麦は冷たくて美味しい~♪

【自然】 川遊び

南九州市の職員と地元の方々が川釣りの準備をして下さいました。 暑い中での川遊びは格別!水がとても澄んでいて綺麗でした。

photo
「釣れた?」「逃げられちゃったぁ」
photo
右京さんと水かけ合戦!「キャー冷たいー!」
photo
「小魚ゲットー!イエーイ♪」
photo
もっと上流で大物狙い!
photo
思ったより冷たい!「ビックリしたぁ
photo
あれ?餌だけ取られた?(笑)
photo
「もう移動する時間なの?ものたりな~い!!」
photo
もっともっと遊んでいたかったです!
地元の皆さんありがとうございました!
photo
せーの!「夢のかけ橋プロジェクト!」
ぺーじTOPに戻る
copyright 2010 Y2/YY Company