山田百合子実行委員長

子供たちの輝く未来を応援する『夢のかけ橋プロジェクト』。
3年目を迎えた今年は子供たちにレースの興奮や感動を味わってもらいたいと「2泊3日 富士スピードウェイ体験ツアー」を企画。
たくさんの方々のご厚意により貴重な体験をすることが出来ました。帰り際「楽しかった」「10年後、富士スピードウェイで仕事をしていたい」などと話してくれた子供たちの元気な笑顔に私たちもホッとしています。


今回のツアーを企画した意図として

・子供たちに自動車生産台数世界第2位の日本が生み出す素晴らしい技術力を知ってもらう

・レースやサーキット、レーシング工房などを通じ、車に関わる様々な仕事を知ることで、「夢を持つこと」や「働くこと」を考えるきっかけにしてもらう

の2つを考えました。


様々な経験や体験をすることで子供たちはいろんな夢を見るようになり、夢を現実のものと結びつけていく、そう思ったからです。 しかし、子供たちはどう受け止めてくれるのか・・・心配は無用でした。 日記に「メカニックになりたい」「日本で一番速い車を走らせたい」「絶対、レーサーになりたい」などの言葉が並び、私たちの意図は充分に通じたと感じています。


今回参加のうち半数以上は児童養護施設に入所する子供です。
このツアーで多くの皆さまの優しさ・温かさに触れ、応援してくれる大人の存在を知ったことで彼らの傷ついた心や大人への不信感が払拭され、これからの人生 に自信を持って生きていってくれたら幸いです。この夏の体験が子供たちの夢にどう映し出されていくのか・・・ ワクワクしながら見守っています。


『子供たちの夢を応援すること=私たち、大人も夢を見る』

子供と大人の夢のかけ橋・・・を実感した夏でした。
そして子供たちが夢を描き、実現へ向け歩みだした時、その夢を支援するネットワークを築くこと。それが私たち「夢のかけ橋プロジェクト」の目標です。


子供たちの写真や日記、感想文の一部をまとめてご報告させて頂きます。
感想などをお聞かせ頂ければ幸いです。
これからも「夢のかけ橋プロジェクト」をどうぞよろしくお願い致します。

夢のかけ橋プロジェクト実行委員会
実行委員長 山田 百合子


ぺーじTOPに戻る
copyright 2010 Y2/YY Company